先輩社員の声

簡単じゃないから、達成感がある!経験・知識を積み、次のステップへ。


工事部工事課 小林 竜馬
2016年10月1日入社
二級土木施工管理技士

仕事内容は現場の安全管理、工程管理、品質管理、そして利益を確保する原価管理。特に、現場の中で下請け業者の方々が仕事をしやすいように、事前準備や工程管理をしっかり行うことや、危険ポイントを周知徹底し、一人ひとりの安全意識を高めることで労働災害防止に務めることを心掛けています。

同じ条件の現場はなく、どのように工事を進めていくかは自分の考え方で変わります。自分の段取りが上手くいったときや、下請け業者の方々と話しをしているとき、自分が携わった構造物(高速道路)が形として残り、生活や経済に必要不可欠な社会インフラの安全を守っている社会的使命にやりがいを感じます。

また、入社3年目で初めて1人で現場代理人、いわゆる現場監督を任された剥落防止対策工事で、お客様から「職長表彰」をいただき、今までとは比べものにならない達成感を得ることができました。

まだまだ半人前。今後もたくさんの現場を経験し、周囲の方の協力を受けながら、自分自身の能力を高めていきたいと思っているので、まずは一級土木施工管理技士を目指して勉強中です(笑)


転職をしたきっかけは?
前職は、営業職。
毎日、終電くらいまで働いていました。そのため、家族との時間はなく、子ども達から「パパ、嫌い」と言われていました(笑)

「家族との時間が欲しい」「子ども達と楽しい人生を送りたい」「安定した仕事に就きたい」そんな気持ちを持ったことがきっかけで、転職活動を開始しました。スキルクラフトは、朝こそ早いですが、スグになれましたし、早寝早起きで、以前よりも健康になりました!何より、自分のペースで仕事が出来るので、19時台にテレビを見ながら、子どもと晩御飯を食べたり、休日は子ども達と一緒にお出かけすることが増えました。

今は、ママよりも子ども達に好かれている自信があるくらい、幸せな毎日を過ごしています。


職場の雰囲気は?
スキルクラフトは、現在9人の少人数制。
面倒見の良い上司・先輩が多いため、社員同士のコミュニケーションが取りやすく、楽しく仕事ができる雰囲気です。

私は未経験で入社したので、最初は道具・機械の名前は全く分からないし、先輩が教えてくれる言葉の意味も理解できない状態でした。しかし、常にマンツーマンで、機材・資材の名称、図面の見方、書類作成の方法、下請け業者の方々との打ち合わせなど、こと細かに教えてくれたおかげで、仕事全体が把握できるようになりました。

資格取得支援制度もそうですが、向上心のある社員をしっかりサポートしてくれる体制ができていことがありがたいですし、「コバヤン、いつも頑張っとるやん」「早く一人前になれよ」と、励ましの言葉をかけてくれる先輩方には本当に感謝しています。

    


安心がつながる未来へ